参加登録

プログラム - Program -

実務家や研究者の方を講師としてお招きしたセミナーやSDFメンバーが作成するグループワークであるワークショップ、専門家の方に議論いただくパネルディスカッションなど、宇宙開発に関する基本的な事柄から最先端の取組みまで多岐にわたるプログラムを実施します。

※内容や講師などは決定し次第、順次更新します。
※プログラムのタイトル等は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Day1  |  9.8 Sat.

10:30 - 10:45
開会式
10:45 - 11:45
セミナー1「宇宙探査とオープンイノベーション」
現在の日本の科学技術政策では、公的研究機関の強みを生かしたイノベーション創出が求められています。これを受け、JAXA宇宙探査イノベーションハブは、地上の民間企業や大学を巻き込んだ「オープンイノベーション型宇宙探査」をコンセプトに、宇宙探査技術の開発と地上の産業振興の双方に取り組んでいます。本企画では、そのような新しい取組みの概要と、地上・宇宙のプレイヤーに今後求められることについてお話しいただきます。
13:00 - 16:30
ワークショップ1「宇宙データが創る、未来の社会」
私たちの社会は、IoT化によって産業が飛躍的に発展し、生活の質が向上していくことが見込まれています。このIoT化の流れに宇宙データが結びつき、従来はなかった新たな価値が生まれようとしています。本ワークショップでは、そのような可能性を感じていただけるよう、宇宙データを用いた多様な分野の需要に応えるサービスを考えていきます。自分はあまり宇宙とは関係ないと思っている皆さまも、宇宙データが社会の前提となった未来について、ぜひ一緒に考えてみませんか?
17:00 - 18:30
パネルディスカッション「オープンデータ化で変わる宇宙と社会」
公共データをオープン&フリー化し、ビッグデータとしての活用を促す動きが日本においても進んでいます。リモートセンシングをはじめとする宇宙データもビッグデータの一つとして注目を集めており、ビジネスへの利用を目的とした政府衛星データのオープン&フリー化事業が動き出しています。本企画では、オープン&フリー化とは何か、そして政府衛星データをオープン&フリー化することにより何が生まれるのかなどを最前線で活躍する方々に議論していただきます。

Day2  |  9.9 Sun.

10:30 - 11:30
セミナー2「社会課題に挑む宇宙ビジネス」
現在、政府による宇宙産業への支援が活発化しています。その目的のひとつとして、日本の民間企業が宇宙技術を活用し社会課題の解決に貢献していくことが期待されています。本企画では、衛星データを活用することで日本の農業を変革する宇宙ビジネスに注目し、宇宙技術を活用した民間企業の展望について皆さまと一緒に考えていただきます。
11:30 - 13:00
ポスターセッション「宇宙開発(Space)×社会課題(Society)」
本企画では、宇宙開発に携わる団体の方々と社会課題に携わる団体の方々をお呼びし、ポスターセッションを行います。企画後半では、宇宙開発が社会に貢献する未来について自由にディスカッションする場を設けております。
一緒に宇宙を利用した社会課題へのアプローチを考えてみませんか?ぜひ、皆さまの持つ面白いアイデアをこの場で発信してみて下さい!
14:00 - 17:30
ワークショップ2「衛星利用による持続可能な社会形成」
21世紀に入り、環境・経済・社会のすべての分野で深刻かつ複雑な問題が発生しています。これらを解決すべく、2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連総会によって採択されました。SDGs達成に向けて様々な手段が取り入れられていますが、その中でも地球観測衛星をはじめとする衛星の利用による貢献が期待されています。本企画では、SDGs達成における衛星利用について考えていただきます。
17:30 - 17:45
閉会式
18:00 - 19:30
レセプション
フォーラム2日目の夕刻に、参加者、関係者の親睦を深めるための懇親会を行います。全国各地で様々な活動をしている学生や社会人、協賛企業の方々がワークショップの時間内に述べられなかった意見の交換や、宇宙開発に関する活発な議論をしていただく場を提供します。
参加にあたり実費を徴収いたします。
学生の方:1,000円
社会人の方:3,000円
過去の報告書へ