参加登録

プロジェクト - Project -

プロジェクトは 2019 年から新たに始動した本団体の活動体系の一つです。「宇宙開発における文理融合の実現に、学際的な視点から貢献する」という目的を達成するために、フォーラムの他に、メンバーが活躍できる場を設けました。

メンバー自身が宇宙開発への想いを持ち、実践的・専門的・対外的な活動を行っています。現在、「宇宙法研究会」「dot.」「USE」の 3 つのチームが活動しています。

宇宙法研究会 - 「法」の視点から、宇宙を拓く -

宇宙法は、これからの宇宙開発を考える上で欠かすことのできない分野です。 そこで、私たち宇宙法研究会は

  1. 宇宙法模擬裁判出場によって、宇宙法の見識を体験として得ること
  2. 理科系的視点も持つ本団体の強みを生かし、宇宙法の運用に関する議論において新たな切り口を生み出すこと

の 2 つを目的として活動し、その一環として、宇宙法やその他国際法の学習を行っています。

2017 年 JAXA 賞
2016 年 総合優勝,原告最優秀書面
2014 年 総合優勝,原告最優秀書面,被告最優秀書面,弁論最優秀賞,JAXA 賞

dot - 「見る」から創る、「分かる」こと -

衛星データがオープン & フリーになり、その利活用を行う人材の創出が期待されています。

その一方で初学者は、衛星データを扱うハードルを高く感じています。

そこで私たち dot.は、衛星データの利活用を通じて

  1. プレイヤーとしてのマインドを養い、SDF 内部の技術力を向上させること
  2. 初学者が衛星データを活用するためのステップを発信すること

の 2 つを目的として活動し、その一環としてプログラミングや画像判別などの勉強を行っています。

USE - 「宇宙」 × 「教育」 -

私たち USE(Unit of Space Education)は宇宙開発をテーマに、主に高校生向けの宇宙教育活動を行うプロジェクトです。

高校生を中心とした学生に

  1. 宇宙開発に興味を持ってもらうこと
  2. 宇宙開発の意義を知ってもらうこと
  3. 宇宙開発への多様な関わり方から自分の将来の選択肢を広げてもらうこと

を目的としています。

現在は、宇宙開発フォーラムでこれまで培ってきた経験をもとに、ワークショップを展開しています。